世界的なインフルエンザ流行への自然療法的アプローチ (パート2)

200年以上の歴史があるにも関わらず、ホメオパシーは現在まだまだ論争がある医療システムです。なぜホメオパシーは論争の対象となっているか、それはホメオパシーの多くの重要な概念が科学の確立した法則と一致していないためです。ホメオパシーではレメディは薄めるほど効果は強くなります。

批評家は有効成分を極々微量にしか含まないレメディに治療効果があるとは信じがたい(場合によっては現物質の単一分子ほどもないことがある)、そのためレメディは有益でもないし、他の作用もないと考えています。 ただ別の視点から言えばこれまでホメオパシーの効果はたくさんの人の目に触れており、多くの事例証拠を指しています。ホメオパシーは事実働きます。科学がそれについて説明することができないというだけで、ホメオパシーの効果が拒絶されるべきでないと主張します。

1918~19年に流行したインフルエンザ(スペイン風邪)によって引き起こされた荒廃を想像するのは今日難しい。それを生き抜いた人々は、朝に起きて健康だった人が夕方までに死んでいることがありえると語っています。

H.A.ロバーツ博士は当時(第一次世界大戦)、軍隊輸送船に乗船した医師でした。ある時、別の船が予備の棺桶を必要として彼の船に並走してきました。その船のなかでの死亡率は非常に高かった。彼が港に帰った時、指揮者がロバーツに言いました。「全ての棺桶を使ったか?」 ロバーツ(彼は船の中でホメオパシーを使って治療を行っていた)は返答しました。「はい。そして誰一人死んでおりません。」

以下は、W.A.デューイ医師による”Homeopathy In Influenza- A Chorus Of Fifty In Harmony”という論文からの抜粋です。1920年にアメリカの医師・ホメオパス向けの専門誌に発表されました。

フィラデルフィア州のディーンW.A.ピアソンは、ホメオパシーの医師によって治療された26,795件のインフルエンザの症例を集めた。ホメオパシーによる治療での死亡率は1.05%、西洋医学の治療での死亡率は30%だった。

「コネチカット州の30人の医師が私の要求に応じデータをくれた。彼らは6,602件のインフルエンザの症例のうち55件の死を報告した(死亡率は1%未満)。 私の場合、帰国船の中で81件の症例を診た。すべてが回復して上陸できた。全員がホメオパシーの治療を受けた。ある別の1隻の船では帰国途中で31人が亡くなった。」
コネチカット州ダービィ H.A.ロバーツ博士

「8,000人の労働者のいる工場でたった1人だけが亡くなった。患者は死ぬほど薬品を投与されたわけではない。実際にはゲルセミウムというレメディだけが使用された。私たちはアスピリンとワクチンは使用しなかった。」
シカゴ州 フランク ウィランド医師

「私は、ホメオパシーで治療を行っており、インフルエンザでは一人も死亡させていない。 肺炎における死亡率は2.1%だった。サリサイレーツはアスピリンとクイニンを含む薬で、ほとんどの西洋医学ではこれしか使われていない。西洋医学による治療では肺炎によって60%が死亡するのは一般的なことだった。」
プロビデンス ロードアイランド ダドリー A. ウィラムス医師

「コロンビア特別区のホメオパシー医学協会で1500件のケースが報告された。15人の死亡者があった。ナショナルホメオパシー病院での回復率は100%だった。」
フィラデルフィア州 E.F.サピングトン医師

私は1000人のインフルエンザ患者を治療した。私は治療結果の記録を残している。誰も死亡していない。これはホメオパシーのおかげだ。
オハイオ州デイトン T.A.マッカーン医師

ピッツバーグ市病院のある一人の内科医が看護師に彼が行っている治療より他に何か効果的なことを知っているかどうかを尋ねた。なぜなら、彼の多くの患者が亡くなっていたためだ。「はい。先生。まずアスピリンをやめて、ホメオパシーの薬局に行き、ホメオパシーレメディを買ってきてください。」 その医者が返答したのは「でも、ホメオパシーでしょう」 看護師が答えて 「はい、それは知っていますが、私が以前看護師をしていたホメオパシードクターの患者は一人も亡くなっていませんでしたよ。」
ピッツバーグ州 W.F. エドモンドスン医師

「インフルエンザ自体よりも直接的または間接的に多くの命を失う原因であった1つの薬がある。それはサリチル酸またはアスピリンで、それには2つの理由がある。まず一つ目は患者が衰弱して倒れるまでアスピリンを与えられていたこと、そしてそれにより患者が肺炎を起こしたことである。」
マサチューセッツ州サマビル フランク L.ニュートン医師

「350件の症例のうち一人が亡くなった。それは治療されなかった肺炎が原因。彼女が私のところに来たのは、24時間のうちに100錠のアスピリンを服用した後のことだった。」
ワシントンDC コーラ スミス キング医師

「私は1,000錠のアスピリン錠が入ったパッケージを手渡された。しかし、994錠が残った。私なら6錠しか与えないだろう。私には1000錠も薬を与える理由が見つけられない。私のレメディならごくわずかですむ。私はほとんど主にゲルセミウムとブリオニアを与えた。私が最初から治療していれば誰も亡くならなかった。多くの患者が薬局に行かされアスピリンを買い、肺炎になっていた症例が多く、その治療が私には難しかった。」
ケンタッキー州オリーブブランチ J.P.ハフ医師

スペイン風邪の記事を読む際に、ほとんどの死は悪性の肺炎によって引き起こされたように見える。特に最も一般的な鎮痛剤であるアスピリンの服用で身体の自然治癒力が低下した人々には肺炎は致命的だった。

医師およびホメオパスであるレイモンド・シードルMD(HMD) が語った。彼がニュージャージー州のホメオパスのもとで10年間配達人として働いていた時、インフルエンザが流行し、彼はホメオパシーの医者になろうと決めた。彼が言うには「私はアスピリンを飲んでいた人々が死んでいくのを見ました。摂取しすぎの人の半分は死んでいった。しかしホメオパシーのレメディーを飲んだ人は生きていました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。