ナチュロパシーとは?

自然医学(ナチュロパシー)は、身体が本来持っている自然治癒力を使って健康を保ち、病気を治そうとする医学です。

「ナチュロパシー」と言う言葉は、19世紀の末、米国に移住したドイツ出身の医師、ベネディクト・ルスト(1872年~1945年)がニューヨーク市に「アメリカ・ナチュロパシー・スクール」を開設してから広まりました。

しかし、身体に自然治癒力があるという考え自体の歴史は非常に古く、数千年前のインド医学(アーユルベーダ)、中国医学、ギリシャ医学(ヒポクラテス医学)などにも見られます。もちろん、現代の西洋医学においても、究極的には自然治癒力に頼っているのですが、18世紀から19世紀の中ごろまでは「英雄医学」の時代で、瀉血(しゃけつ:ランセットという針で静脈を切って出血させる治療法)などの乱暴な治療法により、随分と患者を死亡させたと言われております。こうした英雄医学に対する疑問から生まれた医学の流れの一つに、ナチュロパシーがあるのです。

ナチュロパシーの医師は、食餌療法、臨床栄養学、生活の仕方(ライフスタイル)の指導、ホメオパシー、鍼治療、薬草療法、水療法、運動療法、マッサージ、電気治療、超音波療法、光療法、カウンセリング、薬物療法などを組み合わせて治癒に導きます。しかし、忘れてならないのは、ルストの「健康への道は清浄で簡素な生活である」という哲学そのものかもしれません。世界保健機構(WHO)も、通常の医学とナチュロパシーの統合を勧めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。